MEO│ナレッジパネルで店舗の魅力を伝えよう!

前回の記事で、GoogleMEOについて説明しました。今回は、より効果的に、そして魅力をPRするための方法を書いてみます。

MEO│ナレッジパネルで店舗の魅力を伝えよう!

目次

ナレッジパネルとは

例えば、あるユーザーが「吉野家 新宿南口」のワードで、Googleで検索したとします。そうすると検索結果に以下のようなパネルが表示されます。赤枠で囲った箇所がナレッジパネルです。

PCの表示

スマホの表示

ナレッジパネルの効果

上記の例を見ても分かる通り、ユーザーにとって必要な情報がうまく表示されていますね。レビューからカンタンな店舗の紹介、イートイン・テイクアウト・宅配の対応不可、所在地から営業時間まで、このワードで検索したユーザーが欲しがっていると思われる情報が一覧表示されているのです。また、文字だけではなく店舗の外観の写真も表示されており、大きなプロモーション効果があると言えます。

さらにスマホの場合には、店舗までの経路案内電話もアイコンをクリックするだけで起動します。Googleがアナタの店舗にお客様を連れてくると言っても過言ではありません。集客に絶大な効果が見込めるでしょう。

ホームページへの誘導効果も!

もう一度、ナレッジパネルを見てみましょう。

スマホで表示されるナレッジパネル

そうです。ウェブサイトというアイコンも表示されているのです。

ユーザーの傾向として「関心を持った店舗」については、より多くの情報を求める傾向があることは前回の記事でお伝えしました。「良さげなお店だけど、店内はどんな雰囲気だろう」「サービスメニューはどうなっているのだろう」。
ユーザーが、まだ店舗に行くことを確定していない「来店見込み」のお客様の場合、さらなる情報を求める可能性は高いです。そこでホームページがあれば、ナレッジパネル以上に店舗の情報を提供することができるのです。

美容室サロン飲食店の場合には、このような検索ルートで希望の店舗に辿り着くことが多いと思われますので、ホームページを持っているのであれば必ずリンクされるように基本情報を登録しておきましょう。

ナレッジパネルの掲載情報について

ナレッジパネルは、GoogleMyビジネスに登録した情報を元に、Googleが作成します。また、GoogleMyビジネスに登録しても必ずナレッジパネルが表示される訳ではありません。具体的な内容は、後々、こちらのホームページで説明したいと思います。

あとがき

MEOのナレッジパネルの活用について書きました。ナレッジパネルは、普段、アナタがユーザーとして目にしたことがあると思いますが、その利便性についても体験されていると思います。

ぜひ、アナタの店舗の魅力を伝えるため、ビジネスを発展させるため、しっかりと情報収集をして効果的なWebマーケティングの手法を取り入れていきましょう。一般ユーザーが特に気を留めない水面下で、Webマーケティングは日進月歩で進化しています。弊社の記事がアナタのビジネスにとって少しでも有益であれば、幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

沖縄県で、ホームページの制作やメディア運営、アプリ開発などを行っている個人事業主です
「すべての小規模事業主・個人事業主にホームページを」をモットーに、お求めやすい価格でサービス提供しています
全国対応しますので、お気軽にお問合せください

目次
閉じる