ホームページを活用したマーケティング

マーケティングという言葉があります。飲食店エステ店舗、その他様々な経営者がマーケティングを意識して経営されていることと思います。

マーケティングには多くの手法があり、また解釈も人それぞれで異なります。正しいマーケティング誤ったマーケティングでは、その効果に大きな差が生じるでしょう。

今回は、小規模事業主・個人事業主にとってのマーケティングについて、記事を書いてみました。

ホームページを活用したマーケティング

目次

マーケティングとは

マーケティングとは「製品やサービスが売れるための戦略作り・運営」のことを意味します。似たような概念で「集客」という言葉がありますが、『お客様集め』『製品やサービスを売る』は、異なる概念なのです。

製品やサービスを商品化するための検討から、市場調査、どのように販売するか、コンセプトや集客方法。それらをいくつかのパターンでシミュレーションし、最適な内容を選択します。

そして、売り出したあとの顧客反応分析を繰り返して、理想の結果に近づける。具体的には、「コンセプト通りの顧客層が反応を示しているか」、「見込み通りの市場はありそうか」を定期的に分析します。この一連の流れがマーケティングなのです。

集客とマーケティング

マーケティングをするうえで、「集客」は欠かせない要素となりますが、ここ数十年間で集客は大きく様変わりしています。過去は、チラシテレビCMなどで製品やサービスをプロモーションすることが一般的でしたが、現代ではフリーペーパーや雑誌等の紙メディアから、インターネット上の製品情報やサービス比較情報、口コミ、企業ホームページやSNSなど、プロモーション力は完全に入れ替わりました。

以前とは比較にならない程の情報量が溢れかえり、ユーザーはいつでも製品やサービスの比較ができます。いまや購入時に口コミや比較を行わない人は、かなりの少数派でしょう。

中国や韓国の電化製品が、日本市場で売れている現状を見れば分かりますね。ブランド力よりも、口コミや比較情報によって、本当によい製品が浮き彫りになっているのです。

ここで、集客について非常に重要な点が見えてきました。『信頼』です。リピーター顧客新規顧客見込み顧客を獲得するには『信頼』を得なければなりません。『信頼』集客~マーケティング基本的な入り口なのです。

ホームページを活用したマーケティング

今や飲食店でもエステ店舗でも、行く候補になった店舗に対して、ユーザーは高確率でインターネットで検索します。「本当に美味しそうな飲食店か」や「店内の雰囲気」、また「エステ店舗の清潔さ」や「スタッフの雰囲気(スタッフ紹介があれば)」。このような情報を求めているユーザーはとても多いのです。

欲しい情報をすぐに、最新の状態で提供できるホームページはユーザーからの信頼獲得に大きく貢献します。これは、アナタがユーザーの立場でインターネットを検索しているシーンをイメージすると分かり易いですよね。

ホームページは、しっかりとした構成で構築できれば、店舗の雰囲気スタッフの雰囲気サービスメニューの詳細などの情報を、具体的に提供することができます。比較された際に、その店舗のホームページがあると、ユーザーにとっての安心感や期待感にも繋がります。

ホームページで店舗の魅力を発信し続けることでユーザーの取りこぼしを防ぎ、リピータ顧客新規顧客見込み顧客を増やして、より多くのお客様から愛される店舗になると良いですね。

あとがき

ホームページを活用したマーケティングについて、書きました。今も昔も、まずは製品やサービスを「知ってもらう」「関心を持ってもらう」「購入してもらう」ためには、集客力が必要です。知ってもらわないことには、どんなに優れていても売れることが無いからです。

冒頭で集客とマーケティングは異なると説明しましたが、マーケティングをするうえでは『集客』の優先度は非常に高く設定しなければなりません。そして、検討や分析を繰り返し最適化していくのです。

それぞれの店舗には、それぞれの店舗に合ったプロモーションがあり、マーケティング手法も異なるでしょう。ホームページはマーケティングに必須というものではありませんが、もし、ご関心がありましたら、お求めやすい価格で制作していますので、弊社のホームページ制作サービスをご覧いただければ幸いです。

ご覧いただき、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

沖縄県で、ホームページの制作やメディア運営、アプリ開発などを行っている個人事業主です
「すべての小規模事業主・個人事業主にホームページを」をモットーに、お求めやすい価格でサービス提供しています
全国対応しますので、お気軽にお問合せください

目次
閉じる